〈掲載記事〉『FORBES JAPAN2022年05月号』「新しい社会」構築の担い手-優れた非営利団体カタログ30に掲載

「新しい社会」構築の担い手 優れた非営利団体カタログ30|『Forbes JAPAN 2022年05月号』

『Forbes JAPAN』優れた非営利団体カタログ30|30 ORGANIZATIONS TO DONATE

2022年3月25日発売の『Forbes JAPAN 2022年05月号』で、私たちNPO法人メタノイアをご紹介いただきました。

“30 ORGANIZATIONS TO DONATE(寄付すべき30団体)「新しい社会」構築の担い手 優れた非営利団体カタログ30” という特集記事で、その団体の一つに選ばれました。

NPO法人フローレンス様、NPO法人カタリバ、NPO法人D×P、NPO法人抱樸(ほうぼく)様など、実績のあるNPOの方々と並んで評していただくことは身に余り恐縮ですが、将来への期待と受け止め、日々ビジョンの実現に向け精進を続けたいと思います。

これまで支えてくださった支援者の皆様に、改めて感謝申し上げます。

そして、新たに私たちの動きにご参加いただける方、ご注目いただける方は、下記からマンスリーサポーターやニュースレター配信へのご登録をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

〈クラウドファンディング2022〉8/2(火)10:00スタート!

NPO法人メタノイアは、2022年8月2日〜9月30日まで、クラウドファンディングに挑戦します。

どうぞ、下記ページをご覧ください。ご寄付による参画と、そしてSNSを通じたシェアをいただければ幸いです。

 

難民・移民ルーツの子どもたちの学びを応援するため、ぜひご協力をお願いいたします!

日本語という「ことばの壁」にさえぎられ、孤立のリスクに直面している子どもたちがいます。

今年の4月、私たちNPO法人メタノイアのメンバーは、埼玉県川口市に暮らす「クルド人」難民の子どもたちと出会いました。日本語の力が足りないことで高校進学をあきらめる子どもが跡を絶たないと聞き、地元ボランティアと協力して翌月から小さな日本語教室を開くことにしました。

 一方、時期を同じくして、ロシアの軍事侵攻が激しさを増し、ウクライナから避難民として日本に逃れてきた方々とも出会うようになりました。故郷を破壊された20代や10代の若者、そして幼児を含む子どもたちに、日本社会で孤立させないための緊急支援として、私たちの強みである日本語教育を始めることにしました。 

言葉には、人と人をつなぐ力があります。 ・・・

(続きはこちら↓)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。